弘大ラジオサークル

弘前大学にある弘大ラジオサークルが運営するブログです。 現在、弘前市にあるコミュニティーFM・FMアップルウェーブにて、 第3土曜日19時から21時までの生放送「土曜の夜は弘大ラジオ」 という番組を制作しています。 このブログでは、サークルでの日常や番組に関する情報を発信していきます。

カテゴリ: 取材後記

おはようございます。
農学生命科学部3年の工藤たかゆきと申します、わたしです。
今月、弘前の魅力を再発見しようということで注目したのは『弘前城の桜』です。どうしてあんなにもたくさんの桜が植えられるようになったのでしょうか?

---

ことの起こりは明治時代、廃城令により弘前藩の藩主(お殿様みたいなもの)は弘前城ではなく、東京の方に住んでいました。
そのため、弘前城にはあまり人が出入りすることはなく、閑散――むしろ荒廃していたと表現していいほどに、城内は荒んでいたそうです。
しかし、弘前という街の歴史を代表する弘前城が寂れていくのを良しとしない藩士(お侍さん)もおり、明治13年に内山覚弥(うちやま かくや)が、その2年後の明治15年には菊池楯衛(きくち たてえい)が城内に桜を植え、花見を目的に人が来るようにしました。一方で、厳粛なる城内で宴会とは何事か、と花見に否定的な人もおり、当時植えられた桜の一部は失われてしまったそうです。

その後、戦争の勝利や、天皇の即位といった記念の度に桜が植えられてゆき、現在の桜でいっぱいの弘前城公園の姿がある、ということでした。

---

現代を生きる私たちにとっては、『公園』は人々の憩う場所であり、『城』はその中にあってなお弘前の歴史のシンボルであると私は思います。日常的に目にする街並みのなかに、歴史が見える形で息づいているというのが、やはり弘前という街の最大の魅力ではないでしょうか。

それでは、皆様もよい弘前ライフを。

わたしでした。

---

【書籍紹介】弘前城築城四百年-城・町・人の歴史万華鏡
       https://goo.gl/images/gZhb7V

この本は、弘前の歴史について、弘前城と政治の関わり、城下町の役割、町の人々に息づく文化というさまざまな面から説明するものです。今回調べた弘前城の桜についての記述の他にも、城下町で催されてきたねぷた祭りの事々や、弘前の文化に影響を与えた様々な人のお話など、代表的なことからなかなか知られていないことまで広く語られています。著者は弘前大学の名誉教授である長谷川成一先生を中心に、弘前の歴史の研究の第一線で活躍されている18名もの方々が共著者として執筆されています。資料集と言うにとどまらず、私たちのように弘前に住む人にとっては、この街に背景としてあるものを身近に思い起こさせてくれる、とても面白い読み物でもあります。弘前を知りたい、魅力を再発見したいと考えている方は、大学図書館でもこの本が貸し出されているので是非読んでみてはいかがでしょうか。

こんにちは!
弘大ラジオサークル3年のたかきです。

先日の「土曜の夜は弘大ラジオ」、お聞きいただけたでしょうか。
今回、弘果弘前中央青果株式会社様のご協力のもと、
弘果をスコープ! ということで取材に行ってきました!

ということで、見学の様子です。


IMG_6751

写真撮っていいよ! と言われて慌てて撮りました。
奥に見えている大根はもう競りにかけられたものらしいです。

IMG_6752

じゃがいもじゃがいもたまねぎじゃがいも
一生分ありそう


続いてバナナの室(むろ)を見学。

IMG_6755

こんな感じの緑色のバナナを仕入れて

IMG_6756

このくらいまで熟成します。おいしそう


そのあと、みかんをネットに詰める現場や仲卸ブースを見学して、
いよいよりんごです。




IMG_6763

IMG_6760

IMG_6811





ちょっと引いた。なんだこれは
第2卸売場、第3卸売場、第4卸売場あわせて16,000m2を埋め尽くすりんごです。
これだけのりんごが1日で(というか3時間くらいで)取引されます。
経理の人大変だろうなあ。


これぞまさに圧倒的スケール。
弘前ってやっぱりりんご最強なんだなと思いました。



さて、来る11月25日(日)、弘前市場まつりが開催されます。
24sijomatsuri

見所盛りだくさんですので、気になった方はぜひお越しください。


それでは、さようなら。

みなさんこんにちは!
弘大ラジオサークル3年の果歩です!

今月の「弘大生の主張」のコーナーは、特別バージョンの「弘前市民の主張」でお届けしました!生放送中に土手町にて街頭インタビューをし、さらにさらに録音した音声の編集まで行っちゃうという… なんともキッツキツな企画だったのですが、なんとか間に合って本当に良かったです!

早速振り返って行きたいのですが、取材に必死すぎて写真を撮り忘れてしまった!ので!!なんとなくの雰囲気をお楽しみ下さい!(笑)


B18CDEC0-F669-42AC-9A49-F28EF583BD69









↑大活躍だった取材班のメンバー


当日の取材班のスケジュールは

19:00 中継先に移動
19:13 土手町にてインタビュー開始


20:10 街中情報センターへ帰還
20:15 インタビュー音源の編集

20:50 完成した音源をお披露目

といった感じでした。

まず大変だったのは、街頭インタビューです。いかんせんみんな素人……!ひたすらもじもじウロウロ……!!とっても怪しい集団だったと思います!も、申し訳ない!(汗)

それでもやっぱり慣れるものなんですよね!10分もすると、街ゆく方々に元気よく挨拶し、企画の趣旨を説明し〜…という流れが自然とできるようになりました。
それに伴い、話を聞いてくださる方も増え、とても嬉しかったです!

街頭インタビューを通して感じたのは、市民の方々の温かさと、弘前への愛の深さでした。「寒いのに頑張ってるね!」「たくさん声集まるといいね!」といったお言葉を沢山いただきましたし、ほとんどの方が突然の取材にも関わらず、快く応じて下さりました。本当にありがとうございました!


そんなこんなで取材を終え、
「それぞれが違う視点から愛せる弘前って、大変ステキな町だなぁ」
と感動しつつスタジオに戻ったのですが、なんと、思ったより時間がない!

ここから第2の山場の編集に入るのですが、私は見守ることしか出来ず……
刻々と時間が迫る中、前部長の高木しょうごくんが爆速で音源を編集してくれました。本当に本当にありがとうございました!!


そうしてやっとこさ完成したのが、当日にお披露目された音声と言うわけです。色んな人の協力があって、やっと出来上がった「市民の主張」だったんですね!

この企画を行うにあたり、協力してくれたサークルのみんなとディレクターさんには感謝でいっぱいです…!そして何より、街頭インタビューに答えた下さった市民の皆さん、本当にありがとうございました!

というわけで、以上が今回の「弘前市民の主張」の裏側でございました!
それでは来月もお楽しみに〜!









ここからは余談になります✌︎

取材時に、企画を説明するための看板と、「ご協力ありがとうございました!」用のお菓子の詰め合わせを作ってったんですよ〜

これです
A5F109BC-D89C-4452-B53F-77E0C867001E

B7C279C8-224D-414A-8F1A-C7C44E412FE4




















それで、これらを見た何人からか「何でウサギがいるの…?」との質問をいただきました!

あの………特に意味はないです!!(笑笑)
サークルのキャラクターでもなんでもなくて、ただ個人的にウサギを描きたかったので描きました!もし勘違いされた方がいましたら、ごめんなさい!(笑)

以上、果歩でした〜!

こんにちは!
弘大ラジオサークル3年のサトコです(・ω・)


さて、先日の放送でお送りした特別企画、
「弘前市長とお話したい!」はいかがだったでしょうか?
私の「市長ってどんな人なんだろう…お話してみたいわ…」という願望から
企画された前代未聞のコーナーだったのですが、
この旨を弘前市役所の方に伝えたところ、
なんとOKをいただきまして、弘前市長である櫻田宏市長との対談が叶いました。
本当にすごいことです…
mayor2



ということで今回の記事は、
時間上放送では伝えられなかった櫻田市長との対談について
皆様とシェアしたいと思います!





〈ねぷた好きすぎる櫻田市長〉

サトコ:「市長はねぷた制作が趣味と伺ったのですが、
     今年のねぷたも作られたんですか?」

市長:「今年はさすがに時間が無くて…」

サトコ:「そうですよね、お忙しいですもんね…」

市長:「でも今年はとある作品展に特別参加のお声がけを頂いて、
    急遽、金剛力士の「阿形と吽形」の、吽形の方の面を針金で作って
    出したんですよね」

一同:「ええええー!!」

市長:「なので祭りでは作ってないですけど、作ったかと聞かれれば、それ作った(笑)」

mayor3

(ねぷたの話にニコニコして答える市長)

サトコ:「『ねぷたを作る市長』ってなかなかいないですから、
     自信持っていいやつですよそれ!笑」

市長:「そうですね!ははははは(笑)」



市長ここだけエピソード
今年は忙しくて本祭のねぷた制作には関われなかったが、
作品展用に面は作っていた!!!!!




〈旅する櫻田市長〉

(大学時代に一人旅をした経験がある、という話を受けて)

市長:「全国各地、行きましたね…九州には行けなかったんですが…」

サトコ:「すごいですね!」

市長:「観光名所を見るのもそうなんですが、その道中がなかなか面白いんですよ。
    乗り物も路線バスだったり、ローカル線だったり、ヒッチハイクをしたり。
    そういうのでたくさんの方々に出会ってましたね」

一同:「ほおー」

市長:「あの、四国の室戸岬って分かりますか?
    ここに行ったら、暴風雨だったんですよー。しかも夕方で」

サトコ:「ええ!」

市長:「でもユースホステルに行かなければならなくて、暴風雨の中
    傘をさして歩いていたら、車が黙って止まってくれて、
    『兄ちゃん、どこに行くの!』と。」

一同:「おおー!!!」

市長:「で、『乗せてあげるから!』って。
    こういうのが嬉しいですよね」

サトコ:「逆ヒッチハイクですね」

市長:「あとはね、鬼ヶ島(女木島)に行ったときに、
    洞窟を見に行った後、フェリー乗り場まで歩いて帰ろうとしたら、
    『お兄ちゃん、歩いて行くなら帰りのフェリーに間に合わないよ!』
    って言われて」

mayor4


サトコ:「そのあとどうしたんですか…?」

市長:「そしたらその人が『このスクーター貸すから!これで行け!』って。
    で、どうやってこのスクーター返せばいいですか?って聞いたら、
    『港にそのまま置いとけばいいから!』って(笑)」

サトコ:「すごいですね…優しいー!」

市長:「ね。それで乗り遅れないで済んだのよ」



市長ここだけエピソード
大学時代に旅をする中で多くの方の人情に触れたことで
「人とのつながり」を意識するようになった!!!





いかがでしたでしょうか?
"市長"と聞くと、一見堅そうなイメージを持たれる方もいらっしゃるかも知れません。
しかし今回のインタビューで
私自身、櫻田市長の知らなかった一面や素敵な人柄に触れることができ、
とても魅力的な方なのだと感じました。
こんな市長がいる弘前市、とっても素敵ですよね!!!!

このインタビュー記事から、弘前市在住の方は
弘前の素晴らしさを再発見するひとつのきっかけに、
また、弘前市外にお住みの方は
「弘前行ってみたいな」と思うひとつのきっかけになればなあと
心から思います。

最後に
お忙しい中我々にこのような機会を作って下さった弘前市役所の皆様、
そして櫻田宏市長に感謝申し上げます。
本当にありがとうございました!


サトコ





こんにちは!今月の放送もお楽しみいただけましたでしょうか?
弘大ラジオサークル1年坂上こうたです。

最近はだんだんと秋も深まって、肌寒くもなってきましたね。
そろそろこたつが恋しくなってきた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな中!我々弘大ラジオサークルは今月も旅に行って来ました!
今月10月は「土曜の夜は弘大ラジオ」のテーマが「夜」とのことなので、今回の旅はズバリ!
「秋の夜長を楽しむ旅」

と題しまして、つがる地球村で夜のアウトドアを楽しんでまいりました!


さて、夜のアウトドアを楽しもうと意気揚々と弘前駅に集合した我々でしたが、電車を待つ我々の耳に飛び込んで来たのは…
「(乗るつもりの電車)〜は運休と…」というアナウンス。
何を隠そうその日は弘前を台風が通過した次の日。風の影響で電車が止まってしまったのです。
旅にアクシデントは付き物、これも旅の醍醐味か…
幸先の悪さを脳裏にチラつかせつつ、そんなことを考えながら代行のバスに乗り込むのでした。


曇り空と小雨の降る車窓を眺めながら到着したのはJR陸奥森田駅。
ここから30分ほど歩いてつがる地球村へと向かいます。
夜のために持って来た道具がそこそこ重い…
しかしながら、そうして歩くことによって道中脇道に生えているススキやイガグリなどを見て、「秋」を楽しむことができました!


そうして歩き続けること30分、無事つがる地球村へと到着しました。
さて、本番はここから。「秋の夜長を楽しむ」ための準備へと取り掛かります。
先程言っていた夜のための道具。なんと正体は!そう!我々は焚き火をしようとしているのです!
しかしここで問題が!薪が長い!持ってきた焚き火台に乗る気がしない!
偶然にも(?)持ってきていたノコギリを使って薪を切っていきます。
この時点で時刻は午後4時を過ぎています。ちょっと寒い…
10月トラベルプランナー_181024_0005

10月トラベルプランナー_181024_0006



薪を切り終えて日も翳ってきたので、そろそろ焚き火の準備を始めます。
お金の無い我々は立派な焚き火台を買う余裕が無い!しかし情報を得る手段はある!そこで我々はネットから集めた情報を元に百円ショップで材料を集め、わずか216円で焚き火台(ステンレスザルとプランターを組み合わせただけのもの)を作り上げたのでした。そこに着火剤となる紙、木くず、太めの薪の順番で重ね、火を着けていきます。
想像していたより意外にも速く薪は燃え上がり、我々の体をその暖かさで包みこみ、それと同時にその煙は我々の眼球を容赦なく刺激するのでした。
10月トラベルプランナー_181024_0003



完全に陽が落ちて真っ暗なキャンプ場でゆらめく炎が一つ。
その周りには炎の暖かさに当てられ、座り込んで落ち着き払ってしまった空腹の大学生が数人。
そこで登場、やっぱり火を使うなら切って離せない、マシュマロ!そして、
そのままでも良し!炙った時その味は想像はつかないがそのポテンシャルの期待に胸膨らむチータラ!
(腹が減った…)
そして、各々持ち寄った材料を炙っていきます。
普段バーベキューの残り火などで焼きマシュマロを作っている身からすると、煌めき立っている炎でマシュマロを焼くのは新鮮な気持ちでした。(というかどこにマシュマロを近づければいいのか…)
チータラは蛇腹に折って串に刺して焼いていきます。
火、というか炎で食べ物を焼くとすぐに焼けます!しかも満遍なく。なので、ちょっと油断すると(ラジオを聴いてくださった方には伝わると思いますが)すぐさま丸焦げになってしまいます。
マシュマロは外がカリッ、中がトロッとしていてとても美味しかったです。
チータラは全体的に香ばしさが乗り、とても満足のいく味わいでした。


軽食を終え、我々はまた焚き火の前にうずくまり暖をとります。
夜の帳が下りたキャンプ場にはチラホラと虫たちも鳴き始め、目の前にある焚き火のパチパチという音も相まって秋の夜長を楽しむには絶好のBGMになります。
一つ心残りがあるとすれば、空が曇っていて星が見えなかったことですかね。
それさえ揃えば完璧なロケーションだったのに…
これを教訓に、次からは周到な準備をして行きたいと思います。


さて、焚き火を眼前に我々は色々なことをお互いに話していましたが、そろそろ終わりの時間です。
夜9時半の終電に間に合わなければなりません。本来ならば自然鎮火で消火したいところ、水で強制的に火を消します。
あと片付けを済ませると急激に寒くなってきました。焚き火おそるべし…
非日常的な体験を終えた高揚感と満足感に包まれながら帰路へと着くのでした。








このページのトップヘ