こんにちは!
弘大ラジオサークル3年のサトコです(・ω・)


さて、先日の放送でお送りした特別企画、
「弘前市長とお話したい!」はいかがだったでしょうか?
私の「市長ってどんな人なんだろう…お話してみたいわ…」という願望から
企画された前代未聞のコーナーだったのですが、
この旨を弘前市役所の方に伝えたところ、
なんとOKをいただきまして、弘前市長である櫻田宏市長との対談が叶いました。
本当にすごいことです…
mayor2



ということで今回の記事は、
時間上放送では伝えられなかった櫻田市長との対談について
皆様とシェアしたいと思います!





〈ねぷた好きすぎる櫻田市長〉

サトコ:「市長はねぷた制作が趣味と伺ったのですが、
     今年のねぷたも作られたんですか?」

市長:「今年はさすがに時間が無くて…」

サトコ:「そうですよね、お忙しいですもんね…」

市長:「でも今年はとある作品展に特別参加のお声がけを頂いて、
    急遽、金剛力士の「阿形と吽形」の、吽形の方の面を針金で作って
    出したんですよね」

一同:「ええええー!!」

市長:「なので祭りでは作ってないですけど、作ったかと聞かれれば、それ作った(笑)」

mayor3

(ねぷたの話にニコニコして答える市長)

サトコ:「『ねぷたを作る市長』ってなかなかいないですから、
     自信持っていいやつですよそれ!笑」

市長:「そうですね!ははははは(笑)」



市長ここだけエピソード
今年は忙しくて本祭のねぷた制作には関われなかったが、
作品展用に面は作っていた!!!!!




〈旅する櫻田市長〉

(大学時代に一人旅をした経験がある、という話を受けて)

市長:「全国各地、行きましたね…九州には行けなかったんですが…」

サトコ:「すごいですね!」

市長:「観光名所を見るのもそうなんですが、その道中がなかなか面白いんですよ。
    乗り物も路線バスだったり、ローカル線だったり、ヒッチハイクをしたり。
    そういうのでたくさんの方々に出会ってましたね」

一同:「ほおー」

市長:「あの、四国の室戸岬って分かりますか?
    ここに行ったら、暴風雨だったんですよー。しかも夕方で」

サトコ:「ええ!」

市長:「でもユースホステルに行かなければならなくて、暴風雨の中
    傘をさして歩いていたら、車が黙って止まってくれて、
    『兄ちゃん、どこに行くの!』と。」

一同:「おおー!!!」

市長:「で、『乗せてあげるから!』って。
    こういうのが嬉しいですよね」

サトコ:「逆ヒッチハイクですね」

市長:「あとはね、鬼ヶ島(女木島)に行ったときに、
    洞窟を見に行った後、フェリー乗り場まで歩いて帰ろうとしたら、
    『お兄ちゃん、歩いて行くなら帰りのフェリーに間に合わないよ!』
    って言われて」

mayor4


サトコ:「そのあとどうしたんですか…?」

市長:「そしたらその人が『このスクーター貸すから!これで行け!』って。
    で、どうやってこのスクーター返せばいいですか?って聞いたら、
    『港にそのまま置いとけばいいから!』って(笑)」

サトコ:「すごいですね…優しいー!」

市長:「ね。それで乗り遅れないで済んだのよ」



市長ここだけエピソード
大学時代に旅をする中で多くの方の人情に触れたことで
「人とのつながり」を意識するようになった!!!





いかがでしたでしょうか?
"市長"と聞くと、一見堅そうなイメージを持たれる方もいらっしゃるかも知れません。
しかし今回のインタビューで
私自身、櫻田市長の知らなかった一面や素敵な人柄に触れることができ、
とても魅力的な方なのだと感じました。
こんな市長がいる弘前市、とっても素敵ですよね!!!!

このインタビュー記事から、弘前市在住の方は
弘前の素晴らしさを再発見するひとつのきっかけに、
また、弘前市外にお住みの方は
「弘前行ってみたいな」と思うひとつのきっかけになればなあと
心から思います。

最後に
お忙しい中我々にこのような機会を作って下さった弘前市役所の皆様、
そして櫻田宏市長に感謝申し上げます。
本当にありがとうございました!


サトコ