弘大ラジオサークル

弘前大学にある弘大ラジオサークルが運営するブログです。 現在、弘前市にあるコミュニティーFM・FMアップルウェーブにて、 第3土曜日19時から21時までの生放送「土曜の夜は弘大ラジオ」 という番組を制作しています。 このブログでは、サークルでの日常や番組に関する情報を発信していきます。

こんにちは!
長らくブログの更新が出来ていませんでした💦
弘大ラジオサークル2年のゆうたです

さて、明日4月21日は「土曜の夜は弘大ラジオ」の放送日です!
それでは、予告をしていきましょう

----------------------------------------------------------
<放送日時>
4月21日(土) 19:00~21:00
FM78.8Mhz   まちなか情報センターにてOA
エリア外の方はコチラから聴けます
<テーマ>
「かぜ」

<メッセージテーマ>
・あなたが風に乗せて届けたいことは何ですか?
・風邪をひいたときに食べたいものは何ですか?

<宛先>
電話:0172-39-1874
メール:788@applewave.co.jp
-----------------------------------------------------------
明日は午前中にサークルの花見を開催します!
来たい新入生はサークルのツイッターをチェック!
もしくはビラに書いてある連絡先まで連絡ください‼︎

どうも2年そらのすけです。

某家電量販店で安売りしてたイヤホンの質が予想以上に悪くて動揺しております。

いや、イヤホンの音質とかあまり気にしない自分にここまで思わせるって相当だよ?まあ税抜きワンコインだったしそんなもんなんですかね。

はあ〜



ところで。

踏切ありますよね踏切。

自分、踏切の雰囲気とか滲み出る無機質な感じがたまらなく好きなんですけど中々理解されないんですよねえ〜

何で?

_20180416_225240

いいじゃん踏切。

_20180416_223243

情景あるじゃん。

_20180416_225116

夕暮れ時のも綺麗だし

_20180416_223716

見落とされがちでも

_20180416_225427

雪に塗れたって

_20180416_223525

誰も何も来なくったって

_20180416_223356

そのガラスの目玉を光らせて

_20180416_225007

ただそこに居てくれる

でもまあ踏切が好きな人だって自分以外にも一定数いるんでしょうね。入部待ってます。

とりあえずこの辺にしときましょうか。



イヤホンどうしようかな・・・
まあ予備用に使えばいいか・・・

みなさん、こんばんは。

先ほどOAリストをupしたばかりですが、改めて、弘大ラジオサークルOB大学院一年長田です!

、、、やっぱりこの自己紹介は慣れない、、、(笑)

せっかく久々に自分がブログ更新したので(実はラジオサークルの元ブログ係だったんです!)、最近のブログの流れに便乗してこちらでもつぶやいてみようと思った次第なんですね(笑)


突然ですがみなさん、ラジオを題材にした映画、音楽、マンガなどを見たり聞いたりしたことはありますか??

たとえば鉄板が、三谷幸喜監督のコメディ映画「ラヂオの時間」

ラヂオの時間 [DVD]
唐沢寿明
東宝
2000-09-21



ラジオサークル員として少なからずラジオの裏方の役割をここ得ている者からすればこの映画、なんとなく共感できるところもあって爆笑必至なんですよね(笑)

また、唐沢寿明さん演じるディレクターのキューだしがカッコイイのなんの...

ラジオ好きからすれば必見の作品です!!

さあ、みなさんこの歌は御存じですか??




お店やテレビなどでもよくかかっているので、聞いたことのある方も多いと思います。

この歌のタイトル「video killed the radio star」というタイトルなのですが、直訳すると「テレビはラジオスターを殺した」。また正式な邦題は「ラジオスターの悲劇」なんです。

確かに、サビのところでこのタイトルを英語で歌っているのが聞こえます。

英語がそこまで聞き取れない自分からしてみれば、明るい歌だと何気なく聞いていたのですが、人々のラジオからテレビへの移行を悲しむ内容だったとは、少し意外ですよね(笑)

最後に紹介したいのが、ラジオでGO!というマンガ。



バブルへGO!ではありませんよ(笑)

ラジオ番組の制作現場を舞台にした4コマ漫画なんです。

あまりラジオ番組を題材にするマンガって聞いたことがないですよね!


映画、音楽、マンガなどで描かれているという見方でラジオと触れるのもまた、たまにはいいのかなと思った次第です(笑)

ではまた

このページのトップヘ