弘大ラジオサークル

弘前大学にある弘大ラジオサークルが運営するブログです。 現在、弘前市にあるコミュニティーFM・FMアップルウェーブにて、 第3土曜日19時から21時までの生放送「土曜の夜は弘大ラジオ」 という番組を制作しています。 このブログでは、サークルでの日常や番組に関する情報を発信していきます。

8月19日放送の「土曜の夜は弘大ラジオ」番組内容を紹介します!

今月のテーマは「ホラー」!!
どのコーナーもホラー一色の2時間でした。



●オープニング
今月は1年生が初メイン!



●<M1> オペラ座の怪人
「オペラ座の怪人」オリジナル・サウンドトラック




●トーク 「私の心霊体験」



●<M2> マイケル・ジャクソン 「スリラー」
スリラー




●コーナー 「部屋と○○と私」
今月の○○は「ホラー」
オススメホラー映画の紹介!
紹介したのはこちら。
シャイニング 特別版 コンチネンタル・バージョン


なぜかこの画像だけ小さくならない…こわいよー。



●<M3> パイレーツ・オブ・カリビアンより 「ティア・ダルマ」
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト オリジナル・サウンドトラック




●コーナー 「どんだんず弘前」
ネイティブツガリアンと県外出身者の方言と、地元トーク!!
今月は秋田県出身の方がゲストでした!
「クネクネ」ってなんだ!?



●<M4> 熊倉一雄 「ゲゲゲの鬼太郎」
<ANIMEX Special Selection>(10)ゲゲゲの鬼太郎 オリジナルサウンドトラック




●コーナー  「ローカル線の旅」
「鬼沢」へ行ってきました!



●<M5> レベッカ 「MOON」
かすかに聞こえる… 「せんぱ〜〜い」の声、(2分13秒前後)
レベッカ/MOON




●コーナー 「頑張れ!受験生」
今月のテーマ「推薦入試」
AO入試・自己推薦・学校推薦・指定校推薦…
なかなかよくわからない推薦入試について紹介しました。



●<M6> 山崎ハコ 「呪い」
Anthology 山崎ハコ best




●コーナー 「弘大生の主張」
今月のテーマ「幽霊はいるか?いないか?」
幽霊はいる!?いない!?で大激論



●<M7> 聖飢魔供 嶇洪遊舛隆曄
蝋人形の館’99



●トーク 「エンディング」
みなさんからよせられたメールを読みました。
今回のテーマは
「あなたの心霊体験」
「幽霊はいる?いない?」



番組にお付き合いいただいた皆さん、
メッセージお寄せいただいた皆さん、
ありがとうございました!!



○●皆さんぜひ来月も聴いてください。●○





【コーナーBGM】

<オープニングテーマ> SKA SKA CLUB 「Boys&Girls」
from the warehouse





<部屋と○○と私>コーナーBGM 平松愛理 「部屋とYシャツと私」
MY DEAR





<どんだんず弘前>コーナーBGM 吉幾三 「おら東京さ行ぐだ」
全曲集~男ってやつは・・・





<頑張れ!受験生>コーナーBGM ウルフルズ 「大丈夫」
暴れだす/大丈夫





<弘大生の主張>コーナーBGM SEATBELTS 「TANK」
COWBOY BEBOP TANK!THE!BEST!





<弘大生の主張>コーナーBGM pal@pop 「Lover's Daylight」
pal@pop





エンディングテーマ SKA SKA CLUB 「Bound to Nowhere」
twelve ways to go

e35ca34d.JPGみなさんこんにちは。
弘大ラジオサークル1年の菅野舞です。

さてさて、先日、
8月1日、2日にあった『YURARI!ねぷただ!特番だ!』
という番組のお手伝いを、弘大ラジオサークルのメンバーでやってきました。
(私は“祭り会場の中継”をやらせていただきました。)

みなさん二日間お疲れ様です。

大変でしたが、「やりきったぞ!」という感じで、
最後はみなさんとても良い表情をされてました。
(写真がその証拠です☆)

私も、とても良い経験になり、『お手伝いに行って良かったなぁ』と
つくづく思っています。


年末にもこのような特番があるらしいので、
今回の機会を逃した方は、是非、年末の特番に参加してみてください!

何かしら、必ず得るものがあると思います!




話は変わりまして、先月の弘大ラジオの放送内容なのですが、
詳しい内容を忘れてしまい、録音したMDも無いので、
更新できなくて困っています。

誰か更新できる方、よろしくお願いします!!!!

 前回7月15日の弘大ラジオ【ローカル線の旅】のコーナーで紹介した『黒石ねぷた祭り』ですが、昨日7月30日から始まりました。それで、取材でお世話になった関係各所へのお礼を兼ねて観に行ってきました。
 昨日は『御幸公園』を出発し、『こみせ通り』を通って運行される合同運行の日でした。出陣式の行われた『御幸公園』はねぷたと人で埋め尽くされていて、出発前は囃子の練習で物凄くにぎやかでした。太鼓の音が身体の中に響き渡り、ねぷた祭りに心を掻き立てます。

 この前の取材で制作風景を見せてもらった『浅瀬石七清会』さんのねぷたを紹介します。
記念撮影
 






 そして、取材の時に『浅瀬石七清会』さんの紙張りさせてもらったところが...
黒石ねぷた(1)










 こんな感じに仕上がっていました。
黒石ねぷた(2)







 完成したねぷたを見ても感動しますが、実際にお手伝いさせてもらった事でそれ以上に感動しました。

 今回もまた、『浅瀬石七清会』さんのご好意でねぷたを引っ張らせて頂ける事になり、実際引っ張らせてもらいました。運行されるねぷたは道の両側にアーケードがある『こみせ通り』の道幅に合わせ、登録の時に指定された規格に作られたゲートがあり、ゲートをくぐれないと運行できないそうです。
 引っ張ってみて特徴的だったのが、囃子と掛け声でした。囃子は若干弘前ねぷたのに似ていますが、掛け声が「ヤーレ(ヤーレ)ヤーレヤ」、「ねーぷたーのモンドリコ」のみで、特に、「ねーぷたーのモンドリコ」の調子が「モ」のところで上がって下がると弘前の調子とは違っていました。
 ねぷたは狭い『こみせ通り』をギリギリ通り、引っ張る子供達の元気な掛け声と囃子のリズムと一緒に夜を彩っていました。
黒石ねぷた(3)






        Written by 千葉大輔(理工学部・知能機械工学科 1年)

このページのトップヘ